美味しくて簡単!ブルーベリー酢のヨーグルトドリンク

ブルーベリー酢を使ったヨーグルトドリンクはさっぱりした味わいで、飲みごたえもあります。忙しい朝や暑い日のドリンクとしても活躍してくれます。作り方はとっても簡単で、家にある材料で素早く出来るのも魅力です。

用意する材料は
・ブルーベリー酢 大さじ一杯
・ヨーグルト 150ml
・お好みで砂糖や蜂蜜 適量
・氷 40g
です。
作り方は
・ミキサーにヨーグルトとブルーベリー酢、氷とお好みの量の砂糖や蜂蜜を入れます。
・始めはミキサーの速度を低速にして、ゆっくり混ぜ合わせます。
・ある程度材料が混ざってきたらミキサーの速度を少しずつ上げてしっかり攪拌するだけです。
・コップに注いだら出来上がりになります。

ブルーベリー酢の爽やかな味とヨーグルトのコクが合わさって飲みやすいドリンクです。家にミキサーが無い場合はコップに材料を全て入れて混ぜるだけでも大丈夫です。酸味がもう少し欲しいときにはブルーベリー酢の量を倍にして、酸味に弱い人は砂糖や蜂蜜で酸味を抑えます。とろみを無くしてサラサラのドリンクにしたいのなら牛乳や豆乳を加えます。さらにボリュームが欲しいときにはバナナを入れれば朝食代わりにもなるのです。ヨーグルトドリンクに入れるバナナの目安は一人前につき2分の1本です。

牛乳と混ぜて飲んでも美味しい!簡単で栄養価の高いブルーベリー酢の作り方

・生のブルーベリーを一旦冷凍させます。(冷凍保存することで、ブルーベリーに含まれるアントシアニンの成分が強力になります。冷凍させると、ブルーベリーを抽出する時間も短縮できるのです。)
・瓶やタッパに冷凍ブルーベリーを100g入れます。
・りんご酢もしくは米酢を200CC加えて、さらに蜂蜜を170gほど入れて混ぜましょう。砂糖よりも蜂蜜のほうが栄養も摂取できる上にカロリーも低くなります。(米酢を使うときは酸味が強いと感じる人もいるので、蜂蜜をやや多めに入れると良いです)
・しっかり混ぜたら蓋をして、そのまま冷蔵庫に入れて約3日間置きます。
・ブルーベリーの紫色が濃く出てくれば、ブルーベリー酢の出来上がりです。

ブルーベリー酢の食べ方はいろいろありますが、中でも牛乳に混ぜると飲みやすくなります。牛乳のまろやかさでブルーベリー酢の酸味もちょうど良くなり、とろりとした感触で飲むヨーグルトのような感じになるでしょう。
そのほかにも、炭酸水で溶かして飲んだり、ドレッシングにしてサラダにかけて食べても美味しいです。
疲労回復やアンチエイジングなどの効能を得られます。
ブルーベリーの効能や鮮度を考えると、約1ヶ月が保存期間の目安です。

ダイエットしたい方向けのブルーベリー酢の飲み方

スーパーだけでなくインターネットなどでも買いやすくなったブルーベリー酢は、生活習慣病の予防やダイエットなどいろいろな効果が期待されています。

今回はダイエットのためにブルーベリー酢を飲む場合、どのように飲めばより効果的なのか紹介します。正しく適量を飲むことでブルーベリー酢を習慣にして、お酢の力を感じられるようになりましょう。

適量を守って飲もう

ダイエットを目的にブルーベリー酢を利用する場合、飲み方として大事なのはタイミングです。体にいいからと飲みすぎてしまうと、効果を感じられないだけでなく体に負担がかかってしまうことがあるので注意しましょう。

まず1日の摂取量としては15mlから30mlを心がけることをおすすめします。10mlずつを3食の後に飲んだり、夕食だけを多めにとるなどライフスタイルに合わせて飲みやすい方法を考えてみましょう。

ブルーベリー酢だけを飲むのは抵抗がある方は、牛乳などに混ぜて飲んでみましょう。お酢と牛乳が混ざると酸味が和らぐだけでなく、カルシウムが吸収されやすくなりますよ。

食後や運動後がおすすめ

ブルーベリー酢をダイエットのために飲む場合はなるべく食後にしましょう。食前にブルーベリー酢を飲んでしまうと食欲が増進されて、食べ過ぎてしまうことがあります。そのため、食欲がないという方は食前がおすすめです。しかし、あまりにも空腹の時に飲んでしまうと食道や胃に負担がかかってしまうので避けましょう。

また運動をした後やお風呂上りなど体が普段より温まっている時にブルーベリー酢を飲むと、新陳代謝のアップが期待できます。特に運動をした後に飲むことで疲労回復の効果も期待できるので、目的に合わせてうまく活用しましょう。

正しいタイミングで長く飲み続けるのが大事

今回紹介したようにブルーベリー酢をダイエットで飲む場合は、一度の大量に飲むのではなく適量を守って長く続けるのが大事です。

また、胃がからっぽの時に飲むのではなく、食後など体に負担をかけないタイミングを選んで飲みましょう。毎日続けていくことで、ダイエットだけでなく疲労回復などいろいろな効果を期待できますよ。

ブルーベリー酢を浸けて食べましょう!

ブルーベリー酢は、健康に良くて非常に注目を集めている食品の1つです。スーパーやコンビニなどでも売っているものもありますので、それを購入したり、ブルーベリーを買って自宅で酢で浸ける人もいます。この記事では、ブルーベリー酢の効果、作り方、レシピについて広く紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ブルーベリー酢の効果

ブルーベリー酢のブルーベリーにはアントシアニンという有効成分が含有されています。アントシアニンは眼精疲労の改善効果を持っています。また、ブルーベリー酢には酢酸が入っていて、それが体内に摂取されるとクエン酸に変化して、目だけでなく体内の疲労物質を解消してくれます。

ブルーベリーを凍らせておくと抗酸化物質やビタミン各種の量が増加します。そのため、ブルーベリーを購入してきたらまずは冷凍庫に入れておいて凍らせておきましょう。最近はスーパーやコンビニなどで冷凍されたブルーベリーが販売されています。すぐに食べたい人はそうしたものを購入するといいです。

作り方とおすすめレシピ

ブルーベリー酢を作るのは簡単です。ブルーベリーに米酢やりんご酢を入れて浸けるだけです。ただし、米酢の場合は酸味が強くなってしまうことがありますので、ハチミツや砂糖を少し入れて調整するといいでしょう。ブルーベリー酢の楽しみ方としては、ミルクで割ることが挙げられます。飲みごたえがあります。

さっぱりしたものが飲みたいなら炭酸水で割るのもいいでしょう。さらに、ブルーベリー酢をドレッシングとしても利用するのもおすすめです。コショウやオリーブオイルを混ぜてサラダにかけると甘酸っぱくておいしいです。いろいろな楽しみ方がありますので、自分に合ったものを選びましょう。

ブルーベリー酢は健康にいい!

ブルーベリー酢を米酢やりんご酢で浸けると、ブルーベリーの眼精疲労の改善だけでなく体内の疲労物質を解消するという効果も追加されます。自宅で作る場合には浸ける前に冷凍庫に入れておくとビタミンなどの成分量が増加します。

ブルーベリー酢は炭酸水やミルクなどで割って飲んだり、オリーブオイルと一緒にサラダにかけて食べると独特の味付けになります。

ブルーベリー酢の効果と作り方

お酢の健康効果はよく知られていますが、お酢そのものが苦手な人でも取り入れやすいのが果実酢です。果物特有の爽やかな風味があるため、比較的取り入れやすい方法です。

また果実の栄養も受け継ぐため、お酢単品で摂取するよりも栄養が豊富といえます。抗酸化作用を期待したい場合におすすめなのが、ブルーベリー酢です。ブルーベリー酢の効果と作り方をご紹介します。

ブルーベリー酢の効果とは

ブルーベリーには、体に良い栄養素がぎっしり詰まっているといわれています。特にポリフェノールの一種であるアントシアニンは高い抗酸化作用を持っており、活性酸素を除去する働きを持っています。活性酸素は体の細胞を酸化させ、それが影響して体の不調や老化を進行させます。

抗酸化作用のある食材を取り入れることで、細胞の酸化を防ぐことができます。また、このアントシアニンは眼精疲労など目に良い栄養素としてサプリメントにも取り入れられており、目の疲れを回復したり、目の健康を守る役割をしてくれます。その他、ブルーベリーにはビタミンCやビタミンEを多く含み美肌効果も期待できます。

そのようなブルーベリーの栄養素を含んだブルーベリー酢は、お酢の持つ疲労回復効果に加えて、目の疲労回復や若返り効果が期待できるといえます。

作り方はとても簡単

そんなブルーベリー酢は、一般的な果実酢の作り方と同じで簡単に手作りすることができます。材料は清潔な瓶とブルーベリー、お酢、氷砂糖です。氷砂糖の代わりに黒糖やはちみつなども利用できますが、純度が高い氷砂糖は果物が腐りにくい特徴があります。

初心者の方は、氷砂糖から始めてみてください。量は、ブルーベリーとお酢と氷砂糖の割合が、1:1:1が基本です。ブルーベリーはきれいに洗って水分をしっかり取っておきます。これを清潔な瓶に入れ、ブルーベリーの水分で氷砂糖が早く溶けるよう、毎日適度に瓶を振るようにします。1~2週間すれば出来上がりです。

手作りブルーベリー酢で健康を維持しよう

このようにブルーベリー酢にはさまざまな健康・美容効果があります。手軽な材料で簡単に手作りすることができるので、ぜひ挑戦してみてください。生のブルーベリーが手に入らない場合は、冷凍のブルーベリーでも作ることができます。

また美味しいからといって、1日にたくさん飲みすぎると胃もたれすることもあるので注意しましょう。1日の摂取目安は、大さじ1~2程度です。水やソーダ水、牛乳などで割って飲むことができます。

詳しい効果は「ブルーベリー酢の効能が凄い」をご覧ください。

ブルーベリー酢のすごいダイエット効果とは!?

毎日少しのお酢を飲むだけでダイエット効果が得られるのをご存知ですか?
ミツカンの調査では、1日15mlのお酢を12週間飲み続けた人の内臓脂肪が減少することがわかりました。さらに体重、腹囲、BMI、血中中性脂肪の数値が減少するという結果も出ています。

お酢は苦手、という人でもブルーベリー果汁を加えたブルーベリー酢なら飲みやすくて続けやすいのでおすすめです。

ブルーベリー酢でどうして痩せるの?

人は食後に血糖値が上昇し、それを下げるためにインスリンというホルモンが分泌されます。インスリンには血中の糖分をエネルギーに変える働きがあるのですが、利用されなかった分は脂肪に変えて体内に蓄積します。血糖値が急激に上昇するとインスリンが大量に分泌されるので、太りやすくなってしまうのです。

ブルーベリー酢に含まれる酢酸、クエン酸は食後の血糖値を緩やかにするので、脂肪が付きにくくなります。

さらにお酢に含まれるアミノ酸は脂肪燃焼効果も期待できるので、有酸素運動などをプラスすることでよりダイエット効果を得ることができます。

ブルーベリー酢の効果的な飲み方

お酢は空腹時に飲むと胃に負担がかかるので、食事中や食後に摂取するようにしましょう。
1日の摂取量の目安は15ml~30ml(大さじ1~2)。お酢には穀物酢、米酢、黒酢などの種類があり、どれでもダイエット効果が期待できます。中でも黒酢はアミノ酸が最も豊富なので、ブルーベリー黒酢を選ぶとさらに効果的です。

シンプルに水で割って飲むほか、牛乳や豆乳で割って飲むと酸味がまろやかになりヨーグルト風味で飲みやすくなります。マリネやドレッシングなどの料理に使うのもおすすめ。
有酸素運動を行う場合は運動前に飲むと脂肪が燃えやすくなります。

ブルーベリー酢ダイエットをはじめよう

ブルーベリー酢ダイエットは食事制限をする必要がなく、普段の食事にプラスして少量飲むだけの簡単ダイエットです。痩せやすい体を作るだけでなく、美肌や疲労回復など女性にうれしい効果も。

スーパーやコンビニなどでは薄めて飲む濃縮タイプのものや、そのまま飲めるパックのドリンクなども販売されています。自分にあった方法で取り入れてみてはいかがでしょうか?

ブルーベリー酢の効果を知りたい方はこちらから。

ブルーベリー酢に秘められた効果効能とは!?

健康促進やダイエットに良いとして巷で人気を集めているブルーベリー酢には、どのような効果効能があるのでしょうか。そもそもブリーベリーとお酢は、単体でも十分体に良いものです。

この2つが一緒になることで、一体どのような効果を生み出すのか気になりますよね。そこで今回は、ブルーベリー酢に期待できる効果効能についてご紹介します。

疲れ目を回復する効果

ブルーベリー酢の効果としてまず第一に期待できるのが、疲れ目の回復効果です。そもそも、ブルーベリーは目の健康に良く食材として広く知れ渡っています。ブルーベリーにはアントシアニンが含まれており、この成分が疲れ目の回復に効果を発揮しているのです。

私達はテレビやスマホを見続けていると、物がかすれて見えることがあります。これは、ロドプシンという脳への信号伝達物質の合成が、間に合わなくなるからだと言われています。

アントシアニンはこのロドプシンの合成を助ける働きがあるので、疲れ目の回復に役立つのです。仕事で目を酷使する人や、日頃から目が疲れやすい人には、ブルーベリー酢は特におすすめです。

血流改善効果で美容やダイエットにも役立つ!

ブルーベリー酢の2つ目の効果は、血流改善による健康促進です。ブルーベリー酢のお酢の力によって血液のサラサラ効果が期待できるので、全身の血流が改善されます。血流が良くなれば、全身の隅々まで栄養素や酸素が届きます。

これによってお肌の新陳代謝も良くなり、美容やダイエットにも良い効果をもたらしてくれるわけです。さらに、ブルーベリー酢にはクエン酸も含まれており、活性酸素を除去する効果も期待できます。活性酸素は美容の大敵であり、老化を促進するものです。活性酸素の発生を抑えることで、シミやシワの予防にも役立ちます。

素晴らしい効果効能が期待できるブルーベリー酢

ブルーベリーとお酢の相乗効果によって、ブルーベリー酢には様々な効果効能が期待できます。目の疲労回復に加えて美容やダイエット効果も得られることは、本当に素晴らしいことです。

ただし、1度飲んだからと言ってすぐに効果が得られるわけではありません。毎日定期的に、適量を飲むことが大切だと言えます。いつまでも健康で若々しく過ごすためにも、ブルーベリー酢を積極的に飲んでいきたいですね。

おすすめは無添加が特徴的な贅沢ブルーベリー酢です!