ブルーベリー酢の効果と作り方

お酢の健康効果はよく知られていますが、お酢そのものが苦手な人でも取り入れやすいのが果実酢です。果物特有の爽やかな風味があるため、比較的取り入れやすい方法です。

また果実の栄養も受け継ぐため、お酢単品で摂取するよりも栄養が豊富といえます。抗酸化作用を期待したい場合におすすめなのが、ブルーベリー酢です。ブルーベリー酢の効果と作り方をご紹介します。

ブルーベリー酢の効果とは

ブルーベリーには、体に良い栄養素がぎっしり詰まっているといわれています。特にポリフェノールの一種であるアントシアニンは高い抗酸化作用を持っており、活性酸素を除去する働きを持っています。活性酸素は体の細胞を酸化させ、それが影響して体の不調や老化を進行させます。

抗酸化作用のある食材を取り入れることで、細胞の酸化を防ぐことができます。また、このアントシアニンは眼精疲労など目に良い栄養素としてサプリメントにも取り入れられており、目の疲れを回復したり、目の健康を守る役割をしてくれます。その他、ブルーベリーにはビタミンCやビタミンEを多く含み美肌効果も期待できます。

そのようなブルーベリーの栄養素を含んだブルーベリー酢は、お酢の持つ疲労回復効果に加えて、目の疲労回復や若返り効果が期待できるといえます。

作り方はとても簡単

そんなブルーベリー酢は、一般的な果実酢の作り方と同じで簡単に手作りすることができます。材料は清潔な瓶とブルーベリー、お酢、氷砂糖です。氷砂糖の代わりに黒糖やはちみつなども利用できますが、純度が高い氷砂糖は果物が腐りにくい特徴があります。

初心者の方は、氷砂糖から始めてみてください。量は、ブルーベリーとお酢と氷砂糖の割合が、1:1:1が基本です。ブルーベリーはきれいに洗って水分をしっかり取っておきます。これを清潔な瓶に入れ、ブルーベリーの水分で氷砂糖が早く溶けるよう、毎日適度に瓶を振るようにします。1~2週間すれば出来上がりです。

手作りブルーベリー酢で健康を維持しよう

このようにブルーベリー酢にはさまざまな健康・美容効果があります。手軽な材料で簡単に手作りすることができるので、ぜひ挑戦してみてください。生のブルーベリーが手に入らない場合は、冷凍のブルーベリーでも作ることができます。

また美味しいからといって、1日にたくさん飲みすぎると胃もたれすることもあるので注意しましょう。1日の摂取目安は、大さじ1~2程度です。水やソーダ水、牛乳などで割って飲むことができます。

詳しい効果は「ブルーベリー酢の効能が凄い」をご覧ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*