ダイエットしたい方向けのブルーベリー酢の飲み方

スーパーだけでなくインターネットなどでも買いやすくなったブルーベリー酢は、生活習慣病の予防やダイエットなどいろいろな効果が期待されています。

今回はダイエットのためにブルーベリー酢を飲む場合、どのように飲めばより効果的なのか紹介します。正しく適量を飲むことでブルーベリー酢を習慣にして、お酢の力を感じられるようになりましょう。

適量を守って飲もう

ダイエットを目的にブルーベリー酢を利用する場合、飲み方として大事なのはタイミングです。体にいいからと飲みすぎてしまうと、効果を感じられないだけでなく体に負担がかかってしまうことがあるので注意しましょう。

まず1日の摂取量としては15mlから30mlを心がけることをおすすめします。10mlずつを3食の後に飲んだり、夕食だけを多めにとるなどライフスタイルに合わせて飲みやすい方法を考えてみましょう。

ブルーベリー酢だけを飲むのは抵抗がある方は、牛乳などに混ぜて飲んでみましょう。お酢と牛乳が混ざると酸味が和らぐだけでなく、カルシウムが吸収されやすくなりますよ。

食後や運動後がおすすめ

ブルーベリー酢をダイエットのために飲む場合はなるべく食後にしましょう。食前にブルーベリー酢を飲んでしまうと食欲が増進されて、食べ過ぎてしまうことがあります。そのため、食欲がないという方は食前がおすすめです。しかし、あまりにも空腹の時に飲んでしまうと食道や胃に負担がかかってしまうので避けましょう。

また運動をした後やお風呂上りなど体が普段より温まっている時にブルーベリー酢を飲むと、新陳代謝のアップが期待できます。特に運動をした後に飲むことで疲労回復の効果も期待できるので、目的に合わせてうまく活用しましょう。

正しいタイミングで長く飲み続けるのが大事

今回紹介したようにブルーベリー酢をダイエットで飲む場合は、一度の大量に飲むのではなく適量を守って長く続けるのが大事です。

また、胃がからっぽの時に飲むのではなく、食後など体に負担をかけないタイミングを選んで飲みましょう。毎日続けていくことで、ダイエットだけでなく疲労回復などいろいろな効果を期待できますよ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*