リンゴ酢を使ったブルーベリー酢の作り方

・冷凍ブルーベリーと砂糖を100グラム、リンゴ酢を200cc用意します。冷凍したブルーベリーを使用する理由として、生よりも栄養価やアントシアニンといった成分をより多く摂取することができるからです。いずれも、コンビニやスーパーで手に入れることができます。
・ブルーベリー酢には市販品もありますが、添加物が含まれている、甘さが強すぎるといった点が特徴的です。それに対して手作りでは無添加かつ甘さを調整できるメリットがあります。
・沸騰消毒をした瓶の中に、冷凍ブルーベリーと砂糖、アップルビネガーを入れます。ブルーベリービネガーを作るときには甘みを加えますが、グラニュー糖やはちみつなどで甘さの調整を行います。
・消毒したスプーンでよくかき混ぜ、冷蔵庫で3日ほど保存します。1日1回は冷蔵庫から取り出して、砂糖と酢をなじませるために、よく瓶を振ります。
・3日経った頃がブルーベリービネガーの飲み頃となります。保存期間は約半年ですが、酢に含まれるブルーベリーは1ヶ月以内に取り除いて食べる必要があります。
・ブルーベリービネガーの飲み方としては、水や炭酸水で割って飲むことが一般的です。砂糖漬けの果実は、アイスなどのトッピングに活用できます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*