ブルーベリー酢を浸けて食べましょう!

ブルーベリー酢は、健康に良くて非常に注目を集めている食品の1つです。スーパーやコンビニなどでも売っているものもありますので、それを購入したり、ブルーベリーを買って自宅で酢で浸ける人もいます。この記事では、ブルーベリー酢の効果、作り方、レシピについて広く紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ブルーベリー酢の効果

ブルーベリー酢のブルーベリーにはアントシアニンという有効成分が含有されています。アントシアニンは眼精疲労の改善効果を持っています。また、ブルーベリー酢には酢酸が入っていて、それが体内に摂取されるとクエン酸に変化して、目だけでなく体内の疲労物質を解消してくれます。

ブルーベリーを凍らせておくと抗酸化物質やビタミン各種の量が増加します。そのため、ブルーベリーを購入してきたらまずは冷凍庫に入れておいて凍らせておきましょう。最近はスーパーやコンビニなどで冷凍されたブルーベリーが販売されています。すぐに食べたい人はそうしたものを購入するといいです。

作り方とおすすめレシピ

ブルーベリー酢を作るのは簡単です。ブルーベリーに米酢やりんご酢を入れて浸けるだけです。ただし、米酢の場合は酸味が強くなってしまうことがありますので、ハチミツや砂糖を少し入れて調整するといいでしょう。ブルーベリー酢の楽しみ方としては、ミルクで割ることが挙げられます。飲みごたえがあります。

さっぱりしたものが飲みたいなら炭酸水で割るのもいいでしょう。さらに、ブルーベリー酢をドレッシングとしても利用するのもおすすめです。コショウやオリーブオイルを混ぜてサラダにかけると甘酸っぱくておいしいです。いろいろな楽しみ方がありますので、自分に合ったものを選びましょう。

ブルーベリー酢は健康にいい!

ブルーベリー酢を米酢やりんご酢で浸けると、ブルーベリーの眼精疲労の改善だけでなく体内の疲労物質を解消するという効果も追加されます。自宅で作る場合には浸ける前に冷凍庫に入れておくとビタミンなどの成分量が増加します。

ブルーベリー酢は炭酸水やミルクなどで割って飲んだり、オリーブオイルと一緒にサラダにかけて食べると独特の味付けになります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*